RONISCH レーニッシュ

  • RONISCH本社CEO Frank Katteinより日本のお客様へのメッセージ
  • RONISCHドイツ本社サイトへ

レーニッシュの生まれるところ

写真:レーニッシュの生まれるところ Distinctive Tone~比類なき音

音楽の都 ライプツィッヒ

地図:ライプツィヒ

ライプツィヒ(Leipzig)はザクセン州に属し、人口 約52万人。
19世紀には、ウィーン、パリと並ぶヨーロッパを代表する芸術の都でした。
バッハ、メンデルスゾーン、シューマンらが活躍したドイツを代表する音楽の街としても有名です。バッハが生涯の後半をトーマス教会のオルガニスト兼指揮者として過ごしたことは有名です。
1843年には、ドイツ初の音楽学校であるライプツィヒ音楽院が、メンデルスゾーンによって創設されています。
1901年には、この音楽院に瀧廉太郎が初めて日本人として留学生となりました。
またベルリンの壁崩壊、ひいては東西両ドイツの統一の端緒となった住民運動の発祥地として知られています。

新工場現在RONISCHピアノは、ドイツ ライプツィッヒにある最新の設備を備えた新工場で生産されています。

写真:レーニッシュピアノのこだわり

レーニッシュピアノのこだわり

レーニッシュピアノには、厳選された数種類の木材が使われています。サウンドボードには、 ルーマニアの厳しい環境で育ったスプルース。
駒材には、ドイツモラヴィア地方で取れるブナ材など。

写真:乾燥スケジュール

写真:乾燥スケジュール

各パーツ使われる木材は昔からの培われてきた独自の乾燥スケジュールにより3年から5年の年月をかけシーズニングされます。その工程が、のちに狂いの無い精工なピアノを生むことになります。

材木の段階の乾燥のみならず、このように途中の工程間にも乾燥を加えることによって狂いのない精密なピアノが完成されます。

特にサウンドボードのクラウン構造は、伝統的な技法により、駒のラインを中心に全体が樽のようなカーブを描くよう設計されています。この技法により、いつまでもテンションを保ち、はりのある音を持続させます。

170年に渡り継承されたクラフトマンシップ。ピアニストの感性に迅速に応えられる様、精密な調整が施されます。

クラフトマンシップ

世界の高級材を使用した芸術作品

キャビネットには、ウォールナット、マホガニー、チェリー、ブビンガなど世界中の高級木材を使用しています。
それを自社工場で一枚一枚丁寧に貼り合わせていきます。そうやって完成したキャビネットは、まさしく一品物の芸術作品です。

世界の高級材を使用した芸術作品