RONISCH レーニッシュ

  • RONISCH本社CEO Frank Katteinより日本のお客様へのメッセージ
  • RONISCHドイツ本社サイトへ

新着情報

2017.05.22レーニッシュな日々 vol.7

信濃町を通りがかり、雨宿りもあって久しぶりに民音音楽博物館に寄ってみました。
歴史的鍵盤楽器のコレクションが充実していて、弾ける状態に整備されているので、録音でなく楽器の生音が聴けるところが魅力です。
30分未満で、アントンワルターからモダンピアノのレーニッシュまで、学芸員の方の端的な説明とその時代にあった曲のさわりのデモ演奏を愉しむことができます。(一社)日本ピアノ調律師協会でも、昨年の仲道郁代先生に依るウィーン式アクションのシュトライヒャーとヤマハCFX のフィーチャーに続き、今秋は海老彰子先生をお迎えしてモダンピアノの原型とも言えるエラールとカワイSK--EXを対比させたレクチャーコンサート『ピアノの魅力』第2弾を全国4カ所で計画しています。(詳しくは協会ホームページ参照)
そんな背景もあって、レーニッシュの直前のエラールとプレイエルは特に興味深く拝聴しました。
入館料無料で、ひと時を楽しむことのできるオススメスポットです。
http://museum.min-on.or.jp/collection/?sch[cat1]=1

ronisch.png

カール・レーニッシュ
[ドイツ連邦共和国]
製作者:ザクセン、レーニッシュ社
製作年:1868年
音域A₁~a⁴ 85鍵
カール・レーニッシュのピアノは、品質もさることながら、高い張力に耐え得る優れた構造が特徴でした。レーニッシュのピアノに触れたR. シュトラウス、プッチーニ、ルービンシュタイン、ラフマニノフなど当時の音楽家たちは、その類を見ない豊かな音を生み出すピアノに魅了され、安定した品質と芸術性を高く評価しました。各国の博覧会にて評価さて「優秀賞」を次々と獲得したこともあり、世界中にレーニッシュのピアノは大きく知られていくようになりました。ヨーロッパ各国の王室御用達ピアノとしての栄誉からも、レーニッシュのピアノの品質の高さがうかがえる。
(民音音楽博物館ホームページより転載)