RONISCH レーニッシュ

  • RONISCH本社CEO Frank Katteinより日本のお客様へのメッセージ
  • RONISCHドイツ本社サイトへ

新着情報

2016.03.24レーニッシュな日々 vol.2

私とレーニッシュの最初の出会いは、このモデル145でした。
当時、日本ベーゼンドルファー社が輸入代理店をしており、看板商品のベーゼンと、第2番手のブリュートナー、そしてぐっとお求め安い レーニッシュ, というラインアップでした。

写真のモデル145は私が最初にお客様にお世話したレーニッシュです。
これは2015年の撮影ですが、20年以上経った今もとても大事にされていて美しく愛用されています。
ベビーグランドと呼ぶにピッタリのチッペンデールです。
因みにアクションはレンナー社。
当時売れ筋のピアノで、ケースの美しさとコンパクトなドイツ製ということで、多くのピアノ愛好家に普及しました。 残念ながら、このモデルは現在製造されていません。
製造コストと小型故の販売価格の折り合いがつがず、というのが本社からの説明です。


FullSizeRender1.jpgFullSizeRender2.jpg


次回このピアノのペダルバネについてお話しします。